総合メニューへ 制服検索へ 校名検索へ
直前のページへ

愛知淑徳


名古屋御三家の一角。高校までは女子専科だが、大学には男も入ることができ、ここが他の2校とは違うところ
★特徴(見分けるポイント)


●冬は特徴的な明紺。少し緑がかっている印象(夏スカートも同様)
●夏は身ごろが白。襟はライトブルーだが微妙にグレーが入っている感じ
●ラインは冬・夏ともに3本。後ろで段違いに切れる
●スカーフはどちらも微妙な緑色
●胸当てに緑色でSの刺繍。これが赤なのは中学
●ソックスは白のみ(ミドルレングス)
●胸当ての刺繍は中学から高校に上がるときデパートなどで縫い直してもらうという(費用約1000円)
●在校生の方の情報によると、リボンの色は浅葱(あさぎ)色、スカートと冬服は鉄紺色、夏の襟は淡水色と呼ぶと、生徒手帳に出ているそうです=情報ありがとうございました!



●夏服の長袖バージョンはないが、生地の薄い冬服タイプがある
●カーディガンの色はスカートや冬の身ごろと同じ明紺で、厚さにより夏用と冬用に分かれている

合服情報をお寄せくださった在校生の方ありがとうございます!
★外での印象(一例)
お嬢学校なので、変な格好をしてるのは皆無。たまーにスカーフ外している姿は見かけるが、ごく稀。ローファーのかかとを踏んでるなんてあり得ない。
体育会系の子がもったいない着こなしをしてるのはヨソでもあるパターン。
スカートは金城よりも長めな印象
★交通
東山線 星ヶ丘(ほしがおか)
市バス 星ヶ丘
市内各所、あらゆる路線や乗り換え駅で見かける。これは制服の色が特徴的なので目立つ、ということもあるだろう



−名古屋女子高生制服図鑑−
www.shinguji-sakura.com/JKN/
(C)8793 all rights reserved -2005-