総合メニューへ 制服検索へ 校名検索へ
直前のページへ

桜花学園


バスケットボールの強い学校。平成11年から現校名になったが、ある一定年齢以上の人には「名短付(めいたんふ=名古屋短期大学付属の略)」の方が通りはいい。

平成20年度から制服が変更になり、同時に、今までの制服でも紺ソがOKに
図は旧制服です
★特徴(見分けるポイント)
●2本の白線が入るセーラー服。紺襟+白色2本線は中村と同じだが、桜花の方が線は太く、線と線の間隔も狭い
襟の左側に校章バッジ。セーラーの襟にバッジをつけるのは市内でも桜花だけ
その他 イラストではストラップシューズになってるが、普通のローファーでよくなったらしい
ソックスは白のみ

夏服の長袖バージョンはないため、カーディガンを使用することになる
★外での印象(一例)
市内のあちこちで見かけるが、変な格好をしてるのは皆無に等しく、正しいセーラー服の着方の見本のような存在。襟をエセ関東にするなんてあり得ない。
白ソクだがルーソは禁止。長すぎず短すぎずという履き方。
たまにスカーフの端を襟の後ろから三角形に出している姿も見かけるが、なかなか良い
★モデルチェンジ情報
平成20年度から制服が変更になる。新しい制服は冬はセーラージャケット、夏はセーラーブラウスで、紺無地以外にチェックのスカートもあるという。ソックスも紺ハイになるとのこと。
形的には19年度から新制服を採用した名女大高に似ている。

形はセーラー服に似ていても、セーラージャケットやセーラーブラウスはセーラー服ではない。
名古屋襟のセーラー服がまた一つ消えることになる。
★交通
桜通線 御器所(ごきそ)
鶴舞線 荒畑(あらはた)、御器所
中央線 鶴舞(つるまい)=徒歩圏内
乗り換えの伏見や今池、御器所、八事でもよく見かけるほか、栄周辺や金山、名駅にも多い



−名古屋女子高生制服図鑑−
www.shinguji-sakura.com/JKN/
(C)8793 all rights reserved -2005-