総合メニューへ 制服検索へ 校名検索へ
直前のページへ

南山(女子部)


男子部と女子部は敷地すら完全に分かれており、男子は私服可だが、女子は制服が義務となっているなど、全くの別物。
男子部に行っていた知人によると、そもそも交流がないので「相手にしてもらえる以前の問題」だったという。
★特徴(見分けるポイント)
●襟なしの紺ブレに開襟シャツの襟を外に出す
●従って、リボン等はない
●ブレザーの下はジャンスカ
●スカートにヒダはない
●ジャンスカのベルトに赤い縫い目が入っている
●ジャンスカに半袖シャツ。ほかは冬に同様
その他 ●白ソク+ローファー(白以外は禁止とのこと)

●夏服と同様で、ブラウスが長袖
★外での印象(一例)
真面目な学校だが、着方はそれぞれ。ほとんどは真面目系だが、なかにはジャンスカなのに、それなりに短くしてるケースもある。ベレー帽があるらしいが、一度も見たことなし。むしろ名古屋市内でベレー帽の制服を見かけたら、それは瀬戸の聖霊、しかも中等部であることの方が大半だ(実は聖霊も南山の系列)。一度だけハニワを見たことがある。
廃れつつあるルーソが意外にも健在だったりする
★交通
鶴舞線 いりなか
市バス 杁中(いりなか)
バリューの高い大学が上にあるため親が入れたがる。そのため、市内のあらゆる場所で見かける



−名古屋女子高生制服図鑑−
www.shinguji-sakura.com/JKN/
(C)8793 all rights reserved -2005-