総合メニューへ 制服検索へ 校名検索へ
直前のページへ

名女大高


2007年度から新制服が導入され、今度はセーラージャケット(夏はセーラーブラウス)に。従来のブレザー上下は明紺だったが、セーラーは黒を基調とした渋い配色に。襟のラインも白ではなくグレー
★特徴(見分けるポイント)

(旧制服)
明るい赤に黒い模様のストライプが入ったネクタイは冬・夏共通

(旧制服)
●かなり明るい紺色の上下でボタンは2つ
●スカートのヒダは比較的広い(幅の狭いボックスプリーツ)

(旧制服)
●白いブラウスに冬と同じネクタイ
●4つボタンでブレザーと同色の布ベストもある

(新制服・冬)
●襟のラインは冬・夏ともにグレーで、冬用はかなり濃い感じの2本線。内側の1本はやや太い
●関東っぽい面積の小さな襟で、後ろに垂れる部分も短い

●リボンは冬が濃いグレー(黒かも)で、夏はシルバー

※ 中学は同じ制服でリボンが赤

(新制服・夏)
共通 ●旧制服では白ソックス+ローファーが基本
●新制服では黒ハイソ+ローファーに
●新制服の合服については現状不明だが、黒カーディガンを見たことがある(冬・夏とも)
★外での印象(一例)
いかにも女子高という印象。初夏になると暑そうにネクタイを緩めているが、これはブレザー系の学校の常なので、特殊ということもない。スカートは極端ではないが、やや短めか

新しい黒の制服は色的に市内唯一なので、なかなかかっこよく、目立っている
★交通
桜通線 瑞穂区役所(みずほくやくしょ)
栄、名駅周辺や御器所、今池、新瑞橋、金山など、市内のあちこちで見かける学校の一つ。多いのはやはり桜通線



−名古屋女子高生制服図鑑−
www.shinguji-sakura.com/JKN/
(C)8793 all rights reserved -2005-