総合メニューへ 制服検索へ 校名検索へ
直前のページへ

名古屋商業


夏服のかわいさが絶大な支持を受けているが、実は冬のジャケットもかっこいいダブルだ。07年度から紺ハイ増殖中
★特徴(見分けるポイント)
●色は普通の紺で、微妙にショート丈っぽい
●ボタンはダブルで4つ。色は制服より明るい半透明の紺
●左の襟に円形で白色の校章バッジ
●冬服はリボンではなく赤い蝶ネクタイ
●セーラーブラウスになる
襟はセーラータイプで濃いめの紺色無地
●胸当ては白で、校章の刺繍(青、赤、緑)
●袖口も襟と同様の濃紺
●4つボタンで裾出し仕様
●リボンはない



●ニットのVネックベスト
●襟には紺と赤のラインで、この配色は市内唯一(赤が首側)
●左胸に校章入り
●夏服にカーデの場合も(右図)

※ 夏服があまりにも形の異なるものなので、合服のベストは当然、冬服との組み合わせになる
その他 ●紺ハイ+ローファーが主流になりつつある
★外での印象(一例)
●紺ブレなので冬季は埋没しがちだが、夏は視認性バツグンとなる
●ルーズソックスとの相性が非常に良い制服だが、07年度から紺ハイが急速に増えた
●冬服のブラウスは襟を外に出し半ば開襟状態にしているケースが多く、蝶ネクタイを外してる姿もよく見かける
●セーラーブラウスは、盛夏時に限らず袖を外側に折り曲げていることも
●基本形がかわいいため、あえて自前のリボンをつけることもない
●夏・冬問わずスカートは短め
★交通
名城線 自由ヶ丘(じゆうがおか)
以前は東山線の本山が直近だったが、名城線が全通し目の前に駅ができたので、本山で見かける件数は若干減っているものの、相変わらず多い。在校生によると、栄や矢場町へ遊びに行くときは「乗り換えが面倒」なのと、「座れることから」という理由で、そのまま左回りでグルッと回っていくこともあるそう。
下校ピーク時の東山線は東邦、菊里、淑徳で満員状態のところに本山から愛知とともにCAが加わるため車内が放課後の教室状態となる。ここに隣の覚王山から椙山が加わり…



−名古屋女子高生制服図鑑−
www.shinguji-sakura.com/JKN/
(C)8793 all rights reserved -2005-